このページの本文へ移動

医療法人社団 前田記念会

前田記念会

医療法人社団 前田記念会について

前田国見理事長写真

理事長の前田国見です。
血液透析を中心とする人工透析は、透析の導入前から維持透析まで、医療スタッフが各々専門の立場から、ガッチリとスクラムを組んで透析生活を支援することが全人的医療であると私どもは考えます。
医師、看護師、臨床工学技士、栄養士、事務職が自立し密接な連携により、最良の透析に努め、社会の一員としての患者さんの自立と生活の質の向上を考え、心エコー、骨密度測定、ABI測定装置を備え合併症に対応しております。
また、広く腎疾患とその治療に関した学会活動を通して我が国の腎不全医療の発展を目指しています。

理念

  1. 我々、職員はクリニックに従事するいわゆる労働者ではなく、医療労務を提供する人格者たる者でなくてはならない。

  2. 我々、職員は医療を受ける者(以下「患者」)から学ぶ心を持つと同時に人間性を尊び、医療を提供するよう努めなければならない。
    それゆえ、「労働者意識」ではなく、それを超えて患者が生きていくための支えになり一方で職務を通じて自己実現をはかるよう努めなければならない。

  3. 我々、職員は常に協調性及び互助の精神を旨として品性のある態度を自覚し、患者の健康保持に寄与しなければならない。

医療法人社団 前田記念会のトピックス

Page Top